研究データが証明


老化加齢によるたるみの場合、コラーゲンヒアルロン酸、どちらを使えばよいのでしょうか。長期戦でも構わないなら、肌の土台の部分であるコラーゲンから攻めていきましょう。しかし、今すぐたるみをなんとかしたいなら、コラーゲンが形成する網の目の間を埋めてくれるヒアルロン酸がおすすめです。たるみの原因の1つは、肌細胞が痩せてくること。肌細胞の若さを取り戻すには、保水がカギになります。ヒアルロン酸は、水を吸う力が非常に強い成分です。1gのヒアルロン酸だけでも、6リットルの水分を閉じ込めることが可能なほど。水分を保持する性質によって、肌の角質層のすみずみまで浸透し、はりとツヤを与えてくれます。

実際、2013年に次のような研究(食品と容器 54(3), 138-142, 2013 缶詰技術研究会)が発表されています。慢性的な乾燥や肌荒れに悩む男女22名にヒアルロン酸のサプリメントを6週間飲んでもらいました。プラセボと呼ばれる偽薬群を作って、そのグループとの比較したのです。皮膚表面を顕微鏡で調べた結果、しわの深さから算出した肌の滑らかさにグループ間の統計的に意味のある差が出たのです。顕微鏡で見た部位は、左上腕と頸背と書かれています。研究上、顔の皮膚の顕微鏡解析が難しいので腕等の目立たないところになったのでしょう。また、左目の水分量がプラセボ群と比較して増加していました。実際、皮膚科の問診でヒアルロン酸のサプリメントを摂取したグループでは「乾燥」の項目に改善がみられています。統計や顕微鏡解析による正確なデータによって、ヒアルロン酸の保湿パワーが証明されたということ。たるみについては直接的な項目はありません。顕微鏡でしわがより浅くなり、肌がなめらかになったことがわかっています。